PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個人情報保護もへったくれもあったもんじゃない!

高校3年生の息子宛のダイレクトメールが、ときどき届きます。大学進学に関するものや受験勉強のための通信講座的なものなど・・・、どこから情報が流れているのかわかりませんが。

最近は、○衛省からわざわざ自宅に○衛大学校のパンフレットをもってきたり、○オパ○ス21から「一人暮らしをはじめるあなたへ」なんていう広告が送られてきたり、自宅に電話がかかってきたりと、完全に個人情報があらゆる業界へ筒抜けになっていることがわかります。まあ、息子が小学校に上がる前から、似たようなダイレクトメールは届いていましたから、昨日今日情報が流れていたわけでなく、生まれた時点でどこかのデータベースに登録されてしまったんでしょうね。

そんな息子が3年間お世話になった野球部のOB会から、個人情報の使用承諾の書類がとどきました。OB会に入会すればOB会名簿に氏名と住所が登録されますが、OB会の活動の目的のためにこの個人情報を使用することに承諾をしてくださいというものです。「昨今の個人情報保護のご時勢で、
OB会の事務局を運営するのもいろいろ気を使うことが多くて」と、このOB会の事務局長さんから聞いたことがあります。

個人情報保護法が制定されてからというもの、個人情報の取り扱いに関してやけに敏感になり、学校の生徒の住所や電話番号のついた名簿がなくなったり、スポーツ大会のプログラムに選手や競技スタッフの名前を載せるときは本人の同意が必要だとか、なんだか面倒くさい世の中になってきました。その半面で、最初に書いたような、営利目的の企業に情報が流れていたりというようなことは依然としてなくなっていないわけです。

私自身は、比較的自分の個人情報には無頓着で、ネット上も含めていろんなところに名前や住所、生年月日などをためらいもなく書く方なので、ダイレクトメールが届いたりすること自体にそんなに恐怖感や抵抗感はありません。しかし、「個人情報保護法」が本来の法律の趣旨とはまったく違う解釈、運用をされて、本来守られるべきものが守られずれず、そうでないものが過剰な扱いをされているような気がして、何のための、誰のための個人情報保護なのか???だらけです。

人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://likeriver.blog65.fc2.com/tb.php/220-0082af76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。