PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三谷幸喜氏の映画

昨夜は、テレビのロードショー番組で、三谷幸喜監督の「マジックアワー」を見ました。さえない役者が、ひょんなことからヤクザの騒動に巻き込まれるが、本人はそれを映画の撮影と思い込んでいるという、あり得ない設定なのに思わず笑ってしまいます。シリアスな役の多い佐藤浩市さんが、真顔でコメディを演じているあのギャップがたまりませんね。
前作の「THE 有頂天ホテル」は劇場で見ましたが、私は前作の方が好きな気がします。

ところで、今日の昼、中川昭一元財務相の死去のニュースが飛び込んできました。今年のG8に出席したローマでの記者会見が、国民の不信感を買って辞任に追い込まれ、8月の総選挙で落選。死亡原因はまだ不明のようですが、度重なるピンチの直後に56歳という若さで生涯を終わってしまったことは、本人にとっては無念だったことでしょう。
東京大学から興銀勤務を経て、父、中川一郎代議士の死去を機に政界に転身、端から見ればエリートコースを歩んでかきたのようにみえますが、あまりにも悲しい最期だったと思います。

人の死とコメディ映画を重ね合わせては、甚だ不謹慎ですが、「THE 有頂天ホテル」で佐藤浩市さんが演じた汚職疑惑をかけられた若き代議士は、もともとクリーンなイメージの政治家だったという設定ですが、当時、私はその代議士から、なんとなく中川昭一氏を連想したことを思い出しました。

人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://likeriver.blog65.fc2.com/tb.php/219-a2216477

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。