PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またやっちまったな!麻生総理。~ダボス会議から帰国へ

スイスのダボス会議に出席した麻生首相が会議を終え帰国の途についてと言うニュースをやっていた。記者団に対してイギリスのトニー・ブレア首相の名前を間違えたり、特別講演での漢字の読み違いをしたことが報じられていた。

会議の内容とは全く関係のないことをニュースで取り上げるマスコミもどうかと思うが、普通はそんなミスがあっても、圧倒的な存在感や会議での発言の影響力などに隠れて一般国民には伝わってこない事なのだろうが、ニュース記事のなかでも報じられているように、首相の丁寧さに欠ける態度、つまり自らの仕事に対しての責任感とか真摯な姿勢がないことの現れだと思う。
麻生首相は、オバマ大統領と通訳を通さず電話会談するなど日本の首相としては英語が得意だと言われるが、一国の首相には語学力よりももっと大事な能力が必要だということに気がつかない訳じゃなかろうに。

(ニュース記事は以下)

スイスで開かれた「ダボス会議」での日程を終えた麻生首相は1日未明、現地を出発し、帰路に就いた。金融危機への対応などをアピールした麻生首相だが、一方で、多くの言い間違いが相変わらず目立った外遊となった。
麻生首相は「トニー・ブラウン? トニー・ブラウンだよね? イギリスのトニー・ブラウンと...、いやトニー・ブラウンじゃない、トニー・ブレア」と話した。
特別講演で麻生首相は、金融・経済危機への日本政府の対応を説明したほか、イギリスのブレア前首相らも出席したセッションでは、環境問題への取り組みを強調した。
しかし、記者団に対してブレア前首相の名前を何度も間違えたり、それに先立って行った特別講演の中で、数カ所漢字を読み間違えるなど、丁寧さに欠ける点は相変わらずだった。
麻生首相は、1日午後に帰国し、2日は参議院での代表質問に臨む。
(FNNニュースのサイトから転載)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00148569.html

人気ブログランキングへ

| 時事 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://likeriver.blog65.fc2.com/tb.php/123-ca263c00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。