2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茨城県国保連合会職員の横領事件

茨城県国保連合会の職員が、3年間で10億円を横領したというニュースがありました。山口県光市の母子殺害事件の高裁判決のニュースに隠れて新聞でもそんなに大きな扱いはされていませんでしたが、10億も横領されてどうして3年間も誰も気がつかないのか信じられない事件です。


≫ Read More

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

| 時事 | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

振替休日

最近、5月のカレンダーをみていて気がついた。5月6日が火曜なのに振替休日になっている。本来、祝日と日曜日がダブった場合、翌日の月曜が振替休日だったが、なんで6日の火曜日が振替なんだ?

2005年に国民の休日に関する法律が改正されて、これまで
『「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする。』
だったのが、
『「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。』
に変わったのだそうだ。
これまでは、5月5日か6日が日曜日でない限り、5月3日から6日まで連続して休日ということはなかったが、新しい法律では、3日から5日までのいずれかが日曜であれば6日も休日になるようだ。ちなみに来年の5月は3日が日曜日なので6日は水曜日で振替休日となる。
法律の条文を読むとややこしいが、要は休みの日が増えてくれるのはありがたい。

ところで、元日は国民の祝日なので、日曜日とダブった場合は、2日が振替休日なるが、もともと正月三が日休みのサラリーマンにとっては、あんまりぴんとこない。
『ただし、元日が日曜日にあたるときは、仕事始めの日以降の最初の「国民の祝日」でない日を休日とする。』という一文を追加してくれたらいいのに。


人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜の花、満開

20080419074152.jpg桜の花が見頃を迎えました。子どもの頃、花見といえば「花よりだんご」で、花を楽しむより公園の出店が楽しみでしたが、年齢を重ねると、淡いピンクに彩られるこの季節の街の風景に、純粋に心が動かされるようになります。
有名俳優のセリフではないですか、「地球に生まれてよかった」という気分です。


人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふるさと訛り

先週、仙台に出張の際に乗った新幹線でみた、「トランベール」というJR東日本の車内誌に、秋田市出身の作家、内館牧子さんのエッセイが載っていました。
内館さんが秋田の地方紙に載っていた寺山修司の
ふるさとの訛りなくせし友といて モカ珈琲はかくにまでにがし
という歌をみて、津軽訛りを消して生活している友人に寂しさを感じた寺山とよく似た経験をしたことを綴ったものでした。
(エッセイの内容は、こちらの方のブログをご参照ください。)

都会で暮らす地方出身者が、ふるさと訛りを消して生活することはよくあることですが、最近の若い人同士は地元にいても「訛り」のある言葉をはなす人は少なくなりました。事実、我が家の息子たちの友達同士の会話を聞いていても、交わされることばは、多少の方言は混じっていても、都会の若者ことばに近く、いわゆる「訛り」はなくなっています。

そういえば、昨日仕事の帰りの車で聞いたラジオの番組で、番組のパーソナリティの男性が、せっかく大阪に出張したのに、ほとんど大阪弁に触れることなく帰ってきたという話をしていました。ホテルのフロント、コンビニの店員、お好み焼き屋の店員、皆、マニュアルで決められた標準語だったという訳です。

「言葉」はコミュニケーションの道具であると同時に、その土地の文化や考え方の表れだったりします。そういう意味では、「方言」や「訛り言葉」が消えてゆくということは、その土地の歴史や文化が薄れていくようで寂しいことかもしれませんが、若い時分、都会に出稼ぎに出た経験のある私の父は、当時標準語が話せなくて、自分の考えを上手く他人に伝えることができなかったことに比べ、上手に標準語を話す今の田舎の若者をうらやましく思うと言います。

人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散髪屋さんでさっぱり

仕事帰りに散髪屋さんに寄ってきました。前髪が薄くなって来たわりに、もみあげとこめかみのあたりがやけに伸びて鬱陶しいかったので、さっぱりしました。帰り際にポイントカードをだしたら、前回から2ヶ月も経っていました。鬱陶しいはずだ。
行きつけの散髪屋は、関東を中心にチェーン展開のお店で大人でも2000円でお釣りが来ます。1年くらい前から通っていますが、それまで通っていた地元の散髪屋さんの半分くらいの料金です。

私が気に入っているのはお値段だけでなく、ここの店のシャンプーの上手なお姉さんです。女性とは思えないくらいパワフル感がありながら頭皮にに優しい感触は、まさにプロの技です。決して美人ではありませんが、(失礼!)シャンプーに関しては、すっかりこのお姉さんのファンになってしまいました。

人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かわいそうなくらい苦労している

昨日仕事から帰ってニュース番組を見ていたら、国会の党首討論の模様が放送されていた。そのなかで驚いたのが福田首相の発した言葉。
「かわいそうなぐらい苦労してるんですよ。」
衆参で与野党が逆転している状況での、日銀総裁人事の混乱などの国会運営について苦労していることを言ったものなのだろうけども、先進国の首相が国会で自分自身を「かわいそうなくらい苦労している」なんて公然と弱音を吐いている姿を見なければならない国民の方が、よっぽどかわいそうだと思う。
輪番制で仕方なく引き受けた町内会長が、なかなか言うことを聞いてくれない隣の頑固親父に「ゴミは決められた日に出してもらわないと困るんですよ。」と愚痴をこぼしているのと同じレベルじゃないか。

人気ブログランキングへ

| 時事 | 06:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガソリンの値下げ

この日曜に、ガソリン税の暫定税率が期限切れとなってから初めてマイカーの給油をしました。
私がいつもカードで給油しているガソリンスタンドでの価格は、125円になっていました。確かにほんの数日前から比べれば、約25円値下げになっていますが、「125円」という価格自体は、そんなに「安い!」という感動はありませんでした。
過去の給油伝票をさかのぼって見たところ、ちょうど1年前の2007年4月4日に給油した伝票がありました。122円でした。ということは、この1年間でほぼ暫定税率相当分のガソリン本体の価格があがったということになります。この時期に暫定税率が廃止になれば、小売価格が100円を切るぐらいの水準になり、減税が実感できたような気がします。
暫定税率論議の本質からいうと、小売価格の高い安いに関係ないことなのですが、「ガソリン小売り価格の値下げ=暫定税率の廃止」という構図になっており、本当はガソリン本体の値下げと暫定税率の問題は分けて考えなければならないのかもしれません。

政府は、今月29日以降に租税特措法案の再議決を行う構えですが、我々消費者は、ごく最近に150円台のガソリン代を経験しており、この1ヶ月間にガソリン本体の価格がじわじわと値上がりして仮に暫定税率廃止前の価格水準に近づいても、そんなに違和感を感じません。そこにきて、再議決でまた25年が上乗せされることになったときの負担感が怖い気がします。
逆便乗値上げが起きないことを期待したいです。



人気ブログランキングへ

| 時事 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入学式

次男の中学校の入学式がありました。
昨年3月に長男が卒業した中学校。約1年ぶりにまたお世話になります。


人気ブログランキングへ

| 日記・ひとりごと | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。